当サイトでは、「英会話をこれから始めたい!」「TOEICのスコアを上げたい!」という人に向けて有益な情報を発信していきます。

英語ペラペラへの道しるべ

英会話(通学)

ビジネス英会話ならベルリッツとGabaのどっちがよいか比較した。

更新日:

「ベルリッツとGabaで迷っているんだけど、ビジネス英会話だったらどっちがいいの?」

通学型のビジネス英会話については、ベルリッツとGabaが2強です。

なぜなら、NOVA、ECC、イーオンなどの他の大手スクールはグループレッスンによる一般英会話がメインで、ビジネス英会話ならベルリッツとGabaが講師のレベルや教材開発をリードしているからです。
でも、ベルリッツとGabaのどちらが良いのかが悩ましいところ。

講師、受講料などの主要な項目を比較すると、ビジネス英会話を習うのであれば、

  • マンツーマンならGabaの方がオススメ。
  • 費用を抑えるならベルリッツのグループレッスンがオススメ。

というのが結論です。

この記事を読めば、ビジネス英会話を習うならベルリッツとGabaのどちらにすべきかがはっきりしますよ。

マンツーマンならGabaしかない。

正直、マンツーマンレッスンならベルリッツよりGabaです。

こちらがGabaとベルリッツを比較した表です。

比較項目 Gaba ベルリッツ
①受講料
②レッスン時間
(40分)

(40分)
③講師
④テキスト
(内容は良いが高い)

(内容は良いが高い)
⑤スタジオの設備
(個室ではない。ブース形式)    

(個室)
⑥予約システム
(スマホから講師指名して予約可能)

(講師指名不可、アナログな感じ)
⑦校舎数 全国で50校 全国で60校

正直、ベルリッツとGaba、両スクールともお互いを競合として意識しているのでかなり似ているところありますが、

  • 受講料がベルリッツよりGabaの方が安い
  • Gabaは講師を指名して予約できる

というのが大きく、ベルリッツにそれを上回る要素がないと思います。

①Gabaの方が受講料が安い

ベルリッツは受講料が高めなんです。マンツーマンにしても高め。

1レッスンあたりの受講料は、

  • ベルリッツ → 9,400円くらい
  • Gaba → 8,500円くらい

と1,000円以上の差があります。

上記の金額は、1年間コースで入会金とテキスト代を含めた金額です。

正直、講師のレベルとかテキストの内容に大きな差はないんです。
多少の違いはありますが、1レッスンあたり1,000円の差を逆転させるほどの要素はないと思います。

ちなみに、ビジネス英会話を習うということは、社会人の方が多いはず。
企業にお勤めの方ならベルリッツにせよGabaにせよ、教育訓練給付金コースがおすすめです。
所定の要件を満たせば、10万円が国から還付されるので、受講料をグッと抑えることができます。

そして、教育訓練給付金コースにするならGabaがベルリッツに圧勝です。
詳しくはこちらの記事をご覧ください。

Gabaとベルリッツの教育訓練給付金コースならGabaが圧勝。徹底的に比較してみた。

「Gabaかベルリッツのマンツーマンに通おうと思っていて、教育訓練給付金コースにしようと思っているんだけど、どっちがいいの?」 ビジネスパーソンをターゲットにしている英会話スクールといえばGabaとベ ...

②レッスン時間は引き分け。

ベルリッツもGabaも同じ40分間です。引き分け。

③講師は引き分け

講師については、引き分けです。
好みもあるので、両スクールの体験レッスンに参加してみて自分で確認してみるのがいちばんです。

現時点でGabaとベルリッツの給与はあまり変わらないので、どちらが良いとも言いづらいです。

昔はベルリッツの講師の給料は英会話業界の中でダントツに高かったので、他校の優秀な講師達がこぞってベルリッツに転職してきた時代がありました。
ただ、ベネッセがベルリッツの親会社になってからコスト管理が厳しくなり、給料があまり伸びない制度になってしまいました。

少し裏話ですが、ベルリッツとGabaの講師は雇用形態が異なり、

  • ベルリッツの講師 → 正社員
  • Gabaの講師 → 業務委託

となっています。

「正社員であるベルリッツの講師の方が質が高いんじゃないかな。」と思いがちですが、そうとも限りません。
なぜなら、正社員だと勤務時間の縛りがあるからです。

正直、「日本人に英語を教えるために日本に来た。」という外国人はほとんどいません。
皆さん、「華道の文化を学ぶために来た。」とか「日本酒を極めるために来日した。」とか、何かしらの別の目的があって日本に来ています。
このような外国人は、ある意味、「生計を立てるために」英会話講師をやっているんです。
そういう講師の中には、勤務時間に縛りのある正社員ではなく、業務委託という立場で柔軟なシフトで英会話講師をやりたいという人もいるわけです。

業務委託という形態をとっているGabaの講師の方がバラエティに富んでいて、人間的に面白い講師が多いと思います。
ただ、業務委託なのでシフトの縛りはなく、「3ヶ月、母国に帰ってます。」とかも普通にあります。
Gabaは予約する際に講師を指名できます。
お気に入りの講師が3ヶ月いないということもあるので、Gabaに通うならお気に入りの講師を3名くらいは確保しておいた方がいいでしょう。

ベルリッツの講師は正社員なので、トレーニングもしっかり受けていて、講師の質は安定しています。
正確な文章をスピーキングできるように導いてくれます。
ただ、Gabaのような「人間的に面白いな!」という講師は少なめかなと思います。

④テキストは引き分け

正直、どちらも同じようなものです。

Gabaの方が予習と復習をスマホでするためのコンテンツが充実しているかなとは思います。
それでも、そのコンテンツの差が決定的な差というほどではないかと思います。

⑤レッスンスタジオはベルリッツが勝ち

ベルリッツは完全個室、Gabaはブース方式です。

ベルリッツはこんな感じで完全個室で室外の音も聞こえませんし、外に声は漏れません。

ベルリッツは完全個室。

それに対して、Gabaはブース型なのでどうしても、周りの声が聞こえてしまいます。

Gabaはブース型。

 

マンツーマンで会話に集中したい人にとっては、ベルリッツの完全個室の方が効率的です。

ただ、Gabaはすべてのブースにパソコンが設置されています。
レッスンではパソコン上でテキストが表示されて、講師と情報を共有しながら学習を進めることができて効率的に勉強ができる工夫もされています。

どちらにせよ、一度、両方の無料体験レッスンに参加して比べてみることをおすすめします。

⑥予約システム

予約システムについては、Gabaの方が優れています。

Gabaの予約システムの最大の強みは、レッスン毎に講師を選択できるところ。
マイページ上で、講師のプロフィール予約可能な日程を確認できて、簡単に予約ができます。

Gabaのマイページ

 

それに対して、ベルリッツは、原則としてレッスン時間枠を予約するという仕組みで、講師の指名はできません。

お気に入りの講師を見つけて、自由に予約ができるGabaの方が予約システムは優れています。

⑦校舎数

校舎数の多さは、ベルリッツの方がやや勝ちです。
ベルリッツが約60校、Gabaが約50校です。

ただ、自宅や勤務先の近くに両方のスクールの校舎があれば気にする必要はないでしょう。

英会話スクールでいちばん大切なのは、きちんと継続してレッスンを受講すること。
レッスンスタジオが遠いと、どうしてもめんどくさくなって通わなくなってします。

「勤務先からの帰り道から通いやすいところにあるからベルリッツ(Gaba)にする。」というのも、合理的な理由だと思います。

 

ここまで、マンツーマンのビジネス英会話という前提でベルリッツとGabaを比較してきました。

どちらにもメリットとデメリットがありますが、受講料が安くて、講師が指名できるGabaの方が良いと思います。

>>Gabaの無料体験に申し込む

受講料を押さえたいならベルリッツのグループレッスン。

「ビジネス英会話を学習したいけど、費用は抑えたい。」というならベルリッツのビジネス英会話のグループレッスン一択です。
というか、Gabaはマンツーマン専門でグループレッスンは開講していません。

ベルリッツのグループレッスンであれば、マンツーマンに比べて受講料はおよそは半額になります。

グループレッスン(48回)の料金表がこちら。

項目 金額(税込)
授業料 200,640円
入学金 33,000円
教材費 24,200円
合計 257,840円

1レッスンあたりの受講料は、257,840円÷48回=5,371円(税込み)になります。
※もちろん、コースによって変わってくるの目安として考えてください。

ビジネス英会話に対応したグループレッスンをやっているのはベルリッツとシェーン英会話くらいです。

シェーン英会話のグループレッスンは
本格的なビジネス英会話をグループレッスンで学習するなら、シェーン英会話よりも講師のレベルが高いベルリッツのほうがオススメです。

ベルリッツのグループレッスンは、2~3名と他スクールのグループレッスンと比べて人数が少ないです。

「マンツーマンレッスンにするほどの予算はないけれど、レベルの高い講師からビジネス英会話を学びたい!」という場合にはベルリッツのグループレッスンはピッタリです。

>>ベルリッツの無料体験に申し込む

最後に

通学型のビジネス英会話については、ベルリッツとGabaが2強です。

講師、受講料などの主要な項目を比較すると、ビジネス英会話を習うのであれば、

  • マンツーマンならGabaの方がオススメ。
  • 費用を抑えるならベルリッツのグループレッスンがオススメ。

というのが結論です。

ただ、スクールの雰囲気やカウンセラーとの相性など数字で比較できないこともあるので、自宅や勤務先から通いやすいところにベルリッツとGabaの両方の校舎がある場合には、両スクールの無料体験レッスンに参加することを強くオススメします。

ベルリッツもGabaを比較する人がとても多いので、無料体験レッスンの時に「実は、Gabaと比較して決めようと思っているんですよ。」「ベルリッツと悩んでいます。」と正直にカウンセラーに伝えることがポイント。

「ちょっと失礼じゃないかな。。」と心配する必要はありません。
両スクールとも比べられるのに慣れていますから。
むしろ、何十万と英会話教室に払うのにスクールを比べない方が珍しいです。

そうすると、気合いを入れて説明してくれますし、無料体験レッスン後に入会を断るときにも「Gabaの方が自分に合っていると思いました。」という風に断りやすいですからね。

ベルリッツもGabaもキャンペーンをやっていることがあり、以下のリンクから無料体験レッスンに申し込むとキャンペーンの適用に漏れがありません。
今すぐ無料体験レッスンに参加して、どちらが自分に合っているのか確認しましょう。

>>Gabaの無料体験に申し込む

>>ベルリッツの無料体験に申し込む

-英会話(通学)

Copyright© 英語ペラペラへの道しるべ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.