当サイトでは、「英会話をこれから始めたい!」「TOEICのスコアを上げたい!」という人に向けて有益な情報を発信していきます。

英語ペラペラへの道しるべ

英会話(通学)

Gabaとシェーン英会話はどっちがよいのか徹底比較!受講料、講師、レッスン時間、テキストなどを比較した。

更新日:

実は、Gabaとシェーン英会話のどちらでよいのか悩んでいる人って多いんです。
当サイトの問い合わせ欄からも、「Gabaとシェーン英会話だったらどっちがおすすめですか?」と聞かれることがあります。

学校の雰囲気も違いますし講師との相性もあるので、あくまで指針ですが、

  • ビジネス英会話ならGaba
  • 日常英会話ならどちらかというとシェーン英会話

というのが目安です。

そもそも、Gabaのターゲットはビジネスマン、シェーン英会話のターゲットは日常英会話を学びたい人です。
それぞれのスクールが力を入れている方に通う方が合理的だと思います。

 

Gabaとシェーン英会話ってどんなスクール?

まずは2つのスクールがどんなスクールなのかを簡単にお伝えしてから、Gabaとワンナップ英会話を比較していきます。

Gabaは本格派のビジネス英会話スクール

Gaba(ガバ)は、講師を指名してレッスンを受けられるマンツーマン専門の英会話教室です。
いわゆる、高級路線を打ち出したマンツーマンレッスン専門英会話スクールの先駆けです。

Gabaは、講師がインテリでレベルが高いのも特徴的ですが、それ以上に講師を指名して予約できるのがすごいところ。

マンツーマンレッスンなので、自分にとって相性の良い講師を見つけられれば、一気に英語力をアップさせることができます。
レッスン中には先生がメモを取ってくれるのでスピーキングに集中できます。

また、レッスン予約がフレキシブルで、早朝や夜9時以降のレッスンもあり、校舎も自由に振り替えられるなど、英会話スクールに通う環境はとても優れています。

ただ、どうしても受講料は高めになります。
ビジネスパーソンが平日夜に通うとなると、レッスン単価は7,500円くらいです。

特徴 多少高めの料金を払ってでも、しっかりとしたビジネス英語を学習したい人向けの英会話スクール
校舎 全国40校以上
レッスン単価(マンツーマン) 5,000円~8,000円
受講料 入会金30,000円、教材費20,000円くらい
レッスン時間 40分
教材 Gabaのオリジナルテキスト
講師 ネイティブ講師
校舎の振替 全国どこの校舎でも振替受講ができる
どんな人に向いているか 経済的に余裕があるビジネスパーソン
>>Gabaの無料体験に申し込む

シェーン英会話は価格とサービスのバランスが良い。

シェーン英会話の特徴は、価格とサービスのバランスが良いことと、イギリス英語を教えてくれるところです。

Gabaのようなポイント制(一括払い)ではなく月謝制なので、最初にまとまったお金は必要ありません。
月4回(40分)のレッスンで26,450円、1回あたり6,613円というのは大手英会話スクールの中ではリーズナブルな部類です。

もちろん、大手だけあってカリキュラム・レッスン内容・テキストといったコンテンツはしっかりしているので、価格とサービスのバランスが良いスクールです。

また、創業者がイギリス人、講師採用部門がロンドンにあるということで、イギリス人講師の割合がとても高いです。
イギリス英語を学べるというのは、他スクールにはない大きな特徴です。

「スタイリッシュなイギリス英語を習得したい!」という人は、シェーン英会話しか選択肢はありません。
(もちろん、アメリカ英語を教えてくれる先生も在籍しています。)

特徴 ・価格とサービスのバランスが良い
・イギリス英語を教えてくれる
校舎 全国200校以上
レッスン単価(マンツーマン) 約6,600円
受講料 ・入会金2万円(こちらから無料体験に参加すれば1万円に割引)
・月謝制
プログラム内容 ・1回40分
・英語力を高めるための定期的に開催される特別レッスンやイベントあり
教材 シェーンのオリジナルテキスト
講師 外国人講師 ※イギリス人講師の割合が高め
校舎の振替 全国どこの校舎でも振替受講ができる
どんな人に向いているか イギリス英語を習得したい人

>>シェーン英会話の無料体験に申し込む(こちらからなら入学金2万円が半額)

Gabaとシェーン英会話を徹底比較!

いよいよ、Gabaとシェーン英会話を比較していきます。
ちなみに、シェーン英会話はグループレッスンではなくマンツーマンを前提にしています。

比較項目 Gaba シェーン英会話
①受講料
(7,500円)

(6,600円)
②レッスン時間
(40分)

(40分)
③講師
(時給高めでレベル高い)

(イギリス人講師が多い)
④テキスト
(予習復習がアプリからできる)
⑤予約システム
(スマホから講師指名して予約可能)

(窓口予約がメイン)
⑥校舎数
(全国50校舎)

(全国200校舎)
⑦特徴    

実際に通うとなると、Gabaとシェーン英会話でもっとも違うのが予約システムだと思います。

シェーン英会話と異なり、Gabaはレッスンの予約と振替の自由度が高いです。
パソコンやスマホのアプリから簡単に日程と講師を予約してレッスンを予約できますし、キャンセルや振替も前日18時までに連絡すればOKです。

「明日は仕事前の7時半にレッスンを受けよう。」とか「今週は仕事が忙しいから土日にGabaに行こう。」とか、柔軟にレッスンを予約できるのがGabaのよいところ。
これが、ビジネス英会話を学びたい人にはGabaをオススメしているいちばんの理由です。

シェーン英会話は曜日・日時の固定制と自由予約制の2つから選べますが、自由予約制は電話や窓口予約になるので、気軽にレッスン予約ができません。
このシェーン英会話の予約の不自由さは、忙しいビジネスパーソンにはちょっと合わないかなぁと思います。

シェーン英会話としても、ビジネス英会話よりも日常英会話に力を入れている感じがします。
たとえば、日常英会話はシェーン英会話が作成したオリジナルテキストを使いますが、ビジネス英会話は市販の教材です。
受講料もGabaよりシェーン英会話の方が安く、また、月謝制なのでまとまったお金を最初に用意する必要がありません。

よって、

  • ビジネス英会話ならGaba
  • 日常英会話ならどちらかというとシェーン英会話

を選ぶのがよいと思います。

スクールの雰囲気も、Gabaは外資系企業っぽいオシャレな感じですが、シェーン英会話は学校みたいな雰囲気でぜんぜん違います。
Gabaとシェーン英会話の雰囲気の違いは、実際に両方の無料体験レッスンに参加すればすぐに分かると思います。

念のため、それぞれの項目について詳しく比較していきますが結論は変わりません。
「Gabaとシェーンのどっちにしようかな…」と悩んでいるなら、まずは無料体験レッスンに参加してみましょう。

>>Gabaの無料体験に申し込む

>>シェーン英会話の無料体験に申し込む(こちらからなら入学金2万円が半額)

①受講料

受講料に関しては、シェーン英会話の圧勝。

レッスン単価(税抜)で比較すると、

  • Gaba 7,500円
  • シェーン英会話 6,600円

くらいのイメージです。

もちろん、一度に購入するポイント数によって異なりますが、シェーン英会話の方が安いのは間違いありません。

②レッスン時間

レッスン時間はGabaもシェーン英会話も40分で同じです。

大手英会話スクールのマンツーマンのレッスン時間はだいたい40分間です。

スクール名 レッスン時間(マンツーマン)
1 Gaba 40分
2 ベルリッツ 40分
3 NOVA 40分
4 シェーン英会話 40分
5 イーオン(AEON) 30分、40分、50分のいずれか
6 ECC外語学院 40分(60分も選択できる校舎あり)
7 ワンナップ英会話 50分

③講師

講師については、「若干、Gabaの方が良いかなぁ。」と思いますが、好みの問題だと思います。

まず、Gabaは講師の給与が英会話スクールの中でも高めなので、やはり採用強力が高いんです。
雰囲気もパリッとしていますし、講師がノートを取るようにトレーニングされています。
また、講師を指名して予約を取るので、指名される分だけ稼げるために講師が頑張ってくれます。

シェーン英会話も悪くはありません。
講師向けの研修が多くしっかりトレーニングされています。
また、創業者がイギリス人、講師採用部門がロンドンにあるということで、イギリス人講師の割合がとても高いです。

④テキスト

テキストについては、Gabaの方が優れています。

テキストの中身というよりも、Gabaは予習・復習がアプリでできるんです。
レッスン範囲で使う単語・熟語の表現だとかをレッスン前にアプリで予習できるのはとても便利です。

⑤予約システム

予約システムについては、Gabaの方が優れています。

この予約システムの違いが、ビジネス英会話を学びたい人にGabaをおすすめする理由です。

Gabaの予約システムの最大の強みは、レッスン毎に講師を選択できるところ。
マイページ上で、講師のプロフィール予約可能な日程を確認できて、簡単に予約ができます。

Gabaのマイページ

 

それに対して、シェーン英会話は、曜日・時間固定制と自由予約制の2つの制度から選びます。

必ず特定の曜日・時間にシェーン英会話に行けるなら曜日・時間固定制を選ぶ方が良いです。
定期的にレッスンを受け続けることが、英語力の向上ににつながるからです。

ただ、仕事で必ずしも毎週同じ曜日の同じ時間に通えるとも限らないなら自由予約制を選ぶべきです。
ただ、予約方法は、来校時に次回の予約をするか、電話で行うことになります。
WEBでの予約ができなかったりと、システムがとても古いんです。

予約システムについては、マイページで自由に予約できるGabaの方が勝っています。

⑥校舎数

校舎数に関しては、シェーン英会話の圧勝。勝負になりません。

  • Gaba:全国で50校以上。
  • シェーン英会話:全国で200校以上。

英会話教室選びの際に、「通いやすいところに校舎があるか」というのは最重要ポイントの一つ。

英会話教室に通い始めるときはやる気まんまんなので、「少しくらい遠くても質の良いところでレッスンを受ける!」と思うものです。
しかし、だんだんと足が遠のいてしまって、結局、挫折する。。なんて人はたくさんいます。

ちなみに、Gabaは最初のポイント購入時に4,000円だけ払えば他の校舎への振替が自由にできるようになります。
シェーン英会話は、月4回のレッスンのうち1回までは他校への振替がOKです。

>>Gabaの無料体験に申し込む

立地的に両方とも通えるなら?

もし自宅や勤務先から通いやすい校舎がGabaとシェーン英会話のどちらかしかないなら、通いやすい方に申し込むべきです。
遠くに行ってまで通うほどの差はないです。

ただ、立地的に両方とも通えるなら、

  • ビジネス英会話ならGaba
  • 日常英会話ならどちらかというとシェーン英会話

を選ぶのがよいと思います。

Gabaは予約システムが柔軟でWEBやアプリからすぐにレッスンが予約できます。
何より、ビジネスパーソンをメインターゲットにしているので、教材や講師へのトレーニングもビジネス英会話を念頭に作られています。

シェーン英会話は、受講料もGabaに比べてだいぶ安いですし、それでいて講師のレベルも高いコスパの良いスクールです。
予約システムはGabaに負けていますが、日常英会話を学ぶのならよいスクールだと思います。
メインターゲットをビジネスパーソンではなく、日常英会話を勉強したい人にしているので、日常英会話用のテキストも洗練されています。

英会話は早く学習を始めた分だけ、早く上達します。
Gabaもシェーン英会話も無料体験レッスンでしつこい勧誘などはありませんでしたので、まずは無料体験レッスンに参加してみることをおすすめします。

>>Gabaの無料体験に申し込む

>>シェーン英会話の無料体験に申し込む(こちらからなら入学金2万円が半額)

-英会話(通学)

Copyright© 英語ペラペラへの道しるべ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.