当サイトでは、「英会話をこれから始めたい!」「TOEICのスコアを上げたい!」という人に向けて有益な情報を発信していきます。

英語ペラペラへの道しるべ

コラム

英語面接(就活・転職)の対策ができる英会話教室おすすめ5選

更新日:

英語面接に合格したくて英会話教室を探している人向けに、英会話教室の選び方おすすめのスクールをまとめてみました。

  • ①マンツーマン、②面接対策用のプログラム・教材、③履歴書の添削サービスの3つがあるスクールを選ぼう。
  • Gaba>ワンナップ英会話>ベルリッツの順でおすすめ。
  • 東京に住んでいて、3ヶ月で50万円の予算を使えるならスパルタ英会話もあり。
  • 近くにスクールがない又は予算が少ないならオンライン英会話のビズメイツ

これまでに通学型の英会話教室40校以上、オンライン英会話20校以上を調べてきた経験をもとに、失敗しないスクール選びのポイントをお伝えしていきます。

面接対策の英会話教室の選び方

英語面接の対策をするために英会話教室に通うのであれば、

  1. マンツーマン英会話であること
  2. 英語面接の対策教材があること
  3. 履歴書などの添削サービスがあること

という3つの条件を満たすスクールが良いです。

英語面接は面接官との対話型がほとんどであり、グループレッスンでは面接のシチュエーションに対応できません。
マンツーマンであることは必須条件です。

英語面接の準備のために英会話を習うのであれば、面接対策用のプログラムや教材がある方が望ましいです。
英語面接で使える表現や想定問答は、一般英会話やビジネス英会話とは少し違うからです。

最後に、できれば履歴書の添削サービスがあること。
履歴書や職務経歴書は面接前の一次選考で使われるだけではありません。
面接の際に、面接官は履歴書や職務経歴書を見ながら質問をしてきます。
添削サービスで第三者に見てもらうことで、しっかりとした準備ができます。

次のセクションから、これらの条件を満たしたスクールを紹介していきます。

通学型ならGaba、ワンナップ英会話、ベルリッツ。

英語面接対策のために通学型の英会話に通うなら、Gaba、ベルリッツ、ワンナップ英会話の3つから選ぶのがベストです。
それ以外のスクールでは、英語面接の対策を体系的に教えるプログラムがないからです。

面接対策で重要な3つの項目について評価をしたのがこちらの表。

スクール名 マンツーマン 面接対策用の教材 履歴書の添削サービス 校舎数 受講料
1 Gaba
(WEB予約で講師が選べる)
2 ワンナップ英会話
(首都圏6校のみ)

(コスパ良し)
3 ベルリッツ
(高め)

比較した結果、

Gaba > ワンナップ英会話 > ベルリッツ

というのが結論です。

Gabaにしておけば間違いない。

Gaba(ガバ)は、講師を指名してレッスンを受けられるマンツーマン専門の英会話教室です。

英語面接の対策をするために英会話教室に通うなら、Gabaを選んでおけば間違いないと言えるほどに充実しています。

  • 講師を指名できる。(面接対策が得意な講師を日本人インストラクターに聞くのがポイント。)
  • 『英語面接の対策』と『英文履歴書の書き方』のセミナーをやっている
  • 履歴書や職務履歴を添削してくれる(無料!

英語面接の対策で重要な3つのポイントをすべてクリアしています。

特に、履歴書や職務履歴を無料で添削してくれるのが大きいです。
英文メールや論文を無料で添削してくれるのがGabaのウリなのですが、履歴書や職務経歴書にも対応してくれます。
しかも、添削された履歴書を使ってのレッスンまで対応してくれます。

ベルリッツに比べて受講料が安いのもポイントが高いです。
平日夜に通うとなると、レッスン単価は7,500円くらい。3ヶ月で30回のレッスンであれば、20万円程度です。
校舎の数も多いので、通いやすさの点でも安心です。

あえて欠点をあげるならレッスンスペースが個室ではなくブース形式であるところ。
個室で面接の臨場感を体感したいならベルリッツを検討しましょう。

特徴 講師を指名してレッスン予約ができるマンツーマン専門のスクール
校舎 全国40校以上
レッスン単価(マンツーマン) 5,000円~8,000円
受講料 入会金30,000円、教材費20,000円くらい
レッスン時間 40分
教材 Gabaのオリジナルテキスト
講師 ネイティブ講師
校舎の振替 全国どこの校舎でも振替受講ができる
どんな人に向いているか 英語面接対策をしたい人であればどんな人にも向いている。
>>Gabaの無料体験に申し込む

ワンナップ英会話はコスパの良い中堅スクール

ワンナップ英会話は、受講料が安く授業時間が長い、お値打ちなマンツーマン専門の英会話スクールです。

誤解を恐れずに言えば、ワンナップ英会話はマンツーマン専門の最大手であるGabaをかなり意識していると思われます。
(注)ワンナップ英会話がそう言っているのではなく、私の独自見解です。

  • レッスン時間はGabaの40分に対して50分
  • 講師のレベルはGaba以上を確保。(待遇をGabaより良くしている)
  • オーダーメイドにできるプリント型の教材
  • 1レッスン当たりの受講料Gabaのおよそ80%。テキスト代はGabaの半分以下。

このように、「①レッスン時間、②講師、③教材、④受講料という英会話教室の4大要素を、すべての面でGabaに勝つ!」という強い意志が感じられます。

面接対策用の教材もあり、一般的に想定される質問をもとにネイティブ講師とロールプレイ形式で練習することができます。

また、履歴書や職務経歴書の添削も無料で(追加料金なしで)やってもらえます。
レッスンに持ち込んで、ネイティブ講師が意図を確認しながら内容を添削してくれます。

ワンナップ英会話の大きなデメリットは校舎が首都圏のみで6校舎(新宿、品川、銀座、恵比寿、日本橋、横浜)しかないところ。

コスパはよいので、これらの校舎に通いやすいところに住んでいる方は候補に入れることをおすすめします。

特徴 受講料が安いのに、レッスン時間は50分と長いのに受講料が安いお値打ちのスクール。
校舎 新宿、品川、銀座、恵比寿、日本橋、横浜
標準的な通学期間 1年~2年
受講料の目安 ・入会金30,000円
・1年間70レッスン:419,580円
・教材費¥8,000&カリキュラム作成費¥5,000
→462,580円(税込:508,838円)
プログラム内容 ・レッスンはマンツーマンのみ
・レッスン時間は50分(一般的なマンツーマンより10分長い)
・12レッスンにつき一回のレベルチェックとカウンセリング
・コーチングのプログラムあり(別料金)
返金保証 なし
向いている人 ・マンツーマン英会話に決めている人
・校舎から通いやすいところに住んでいる人

>>ワンナップ英会話の無料体験レッスンに申し込む

ベルリッツは個室レッスンなのが強み

ベルリッツは、多少高めの料金を払ってでも、しっかりとしたビジネス英語を学習したい人向けの英会話スクールです。
高学歴な講師が多く、英語面接の対策に関して実績はピカイチです。

ビジネス英会話の最大手だけあって、英語面接対策用のカリキュラム、教材がしっかり用意されています。
もちろん、履歴書の添削も受け付けてくれます。

ベルリッツの強みはレッスンがすべて個室で行われるところ。
ブース型よりも個室の方がより面接のシチュエーションに近いので、面接の臨場感を再現しやすいです。
(Gabaはブース型のスペースでレッスンを受けます。)

ただ、ベルリッツは受講料は高めです。
平日夜に通うとなると、レッスン単価は9,000円くらい。
(6,000円台にするには、「昼間に受講、一括で100レッスン購入、短期集中で受講」ということなので、実質的には無理です。)

経済的に余裕があれば、ベルリッツも候補に入れましょう。

特徴 多少高めの料金を払ってでも、しっかりとしたビジネス英語を学習したい人向けの英会話スクール
校舎 全国60校以上
レッスン単価(マンツーマン) 6,000円~9,000円
受講料 入会金30,000円、教材費20,000円くらい
レッスン時間 40分
教材 ベルリッツのオリジナルテキスト
講師 ネイティブ講師
校舎の振替 全国どこの校舎でも振替受講ができる
どんな人に向いているか 経済的に余裕があるビジネスパーソン

>>ベルリッツの無料体験に申し込む

 

3ヶ月50万円を払えるならスパルタ英会話もあり。

「お金は多少かけてでも、何が何でも英語面接を突破したい!」というのであれば、スパルタ英会話というコーチング英会話教室もありです。

スパルタ英会話は、2014年に設立された新進気鋭のコーチング英会話教室です。
専属のコンサルタントが1人ひとりの語学力や目標地点に合わせたオーダーメイドのカリキュラムを作り、自宅での学習をもサポートしてくれます。

スパルタ英会話を含めた英会話コーチング教室の特徴は、短期間(2ヶ月~3ヶ月)で英語力がアップするようにプログラムが組まれていること。
普通の英会話教室と違い、何年も通うところではありません。
期間を決め、ゴールを定め、そこまで全速力で突っ走るイメージです。

  1. マンツーマンレッスンが週2回+オンライン英会話が週2回もある
  2. 英語面接の対策をやってきた実績あり
  3. 履歴書などの添削サービスあり
  4. さらに、グループレッスンが通い放題

創業者の小茂鳥雅史(こもとりまさふみ)さんが過去に英語面接を突破した経験があることから、英語面接対策に力をいます。

3ヶ月で50万円という受講料はかなり高額ですが、これだけのメニューを実践できれば英語面接に向けた入念な準備ができると思います。

ただ、スパルタ英会話には校舎が新宿・銀座・自由が丘の3つしかない、という弱点があります。
グループレッスン通い放題という制度を使いまくるには、上記3つの校舎に通いやすい人でないと難しいです。

逆に、新宿・銀座・自由が丘に通える人であれば、候補に入れるべきスクールだと思います。

特徴 マンツーマン週2回、オンラインレッスン週2回、グループレッスン通い放題とレッスン時間が多め
校舎 新宿、銀座、自由が丘
標準的な通学期間 3ヶ月
受講料の目安 ・入会金5万
・受講料45万
プログラム内容 ・コンサルティング(全6回/50分)
・マンツーマンレッスン(全24回/50分)
・オンラインレッスン(全24回/25分)
・グループレッスン(通い放題)
返金保証 なし
向いている人 ・新宿、銀座、自由が丘の校舎に通いやすい人
(上記の3駅に通いやすいなら超おすすめ)
・通い放題のグループレッスンを使いまくれる人

>>スパルタ英会話の無料体験に申し込む

オンライン英会話

「近くにスクールがない。」とか「そこまでお金はかけられない。。」ということなら、オンライン英会話のBizmates(ビズメイツ)がおすすめです。

レアジョブやDMM英会話のような格安オンライン英会話ではありませんが、1ヶ月で12,000円という金額で英語面接対策のレッスンを受けることができます。

ビズメイツが他のオンライン英会話よりも優れているのは、英語面接を突破するための専用プログラムがあること。
英語初級者向けである「Job Interview Basics」(全20回)と実践的なスキルを学べる「Job Interviews」(全20回)の合計40回のレッスンがあります。

自己紹介にフォーカスした教材。

40回のレッスンを通じて、「履歴書・職務経歴書の書き方」、「面接官との挨拶」「企業への質問」「自分のスキルをアピール」など、必要なフレーズを中心に学び、中学生レベルの英語力からでも英語面接に挑む力を身につけることができます。

この英語面接を突破するためのプログラムを受けるために別料金は不要です。
毎日25分プランの月額11,000円(税込12,100円)に申し込んで、英語面接用の教材を指定するだけです。

通学型の英会話教室に比べるとどうしても面接の臨場感が再現されませんが、月額12,100円(税込)で英語面接対策ができるのは大きなメリットです。

入会金も不要なので、「今すぐにでも英語面接対策を始めたい!」というならまずはビズメイツを始めてみましょう!

特徴 英語によるコミュニケーションを訓練するスクール
コース ・毎日25分プラン 11,000円
・毎日50分プラン 16,500円
レッスン単価 360円 ※毎日25分プランの場合
料金システム 月額定額制
支払方法 クレジットカード、銀行振込、PayPal
レッスン形式 マンツーマンレッスン
レッスン時間 25分
レッスン時間帯 5:00~25:00
予約〆切時間 レッスン開始5分前まで
レッスンのキャンセル レッスン開始30分前まで
講師の国籍 フィリピン
オンラインシステム スカイプ
どんな人に向いているか 英語によるコミュニケーションを訓練したい人

>>Bizmatesの無料体験に申し込む

 

スクールに通う前に調べておくこと

一口に「英語面接」と言っても様々な形式があります。

  • 1対1の普通の面接
  • グループ面接
  • 英語で書かれた資料が渡され、その資料に基づいたディスカッション
  • テーマを設定されたディベート

各社ごとの面接形式に関する情報は、

  • 新卒→就活会議、みんなの就職活動日記
  • 中途→OpenWorkや転職会議

などの口コミ系の情報サイトで得ることができます。

「どんな英語面接がありそうなのか。」というのを各スクールの日本人コンサルタントに伝えておくことで、より効果的な英語面接の対策ができるようになります。

 

-コラム

Copyright© 英語ペラペラへの道しるべ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.