当サイトでは、「英会話をこれから始めたい!」「TOEICのスコアを上げたい!」という人に向けて有益な情報を発信していきます。

英語ペラペラへの道しるべ

コラム

留学前・海外転勤前に通うならどの英会話スクールがベストか?日本語ネイティブが教えてくれるコーチング英会話教室しかない

更新日:

「留学前に英会話教室に通って、ある程度は英語力を上げておきたい。」

「海外転勤が決まった。赴任前に英語力を上げておきたいけれど、どの英会話スクールがよいの?」

海外留学や海外転勤が決まった人から、「海外に行く前に英会話スクールに通いたいんだけど、どこのスクールがオススメなのか?」という質問をいただくことがあります。

やはり、ある程度の英語力がないと、留学後の海外に行くのは不安になるものですよね。

留学前・海外転勤前に通うのに、向いているスクールと向いていないスクールがあります。

この記事では、「そもそも、英会話スクールに通う必要があるのか?」、「通うならどのスクールがよいのか?」についてお伝えしていきます。

 

留学前・海外転勤前に英会話スクールに通うべきか?

そもそも、「留学前・海外転勤前に英会話スクールに通うべきなのか?」というのが気になるところ。

当サイトで海外留学・海外転勤前を経験したことがある人にアンケートを取った結論がこちら。

留学・海外転勤前に英会話スクールに通うべきか?

学生の海外留学なら、英会話スクールは行かなくても大丈夫。

社会人の海外留学なら、英会話スクールに絶対に行くべき。

海外転勤前なら、英会話スクールに絶対に行くべき。

学生で海外留学をする場合には、多くの経験者が口を揃えて、「嫌でも英語から逃げられないのと、誰にも日本語が通じなくて追い込まれました。ただ、追い込まれた結果、どんどん英語が上達していきました。」と言っています。

やはり、若さというのもあって、びっくりするくらいのスピードで英語が上達するので、あえて学生の海外留学前に英会話スクールに通う必要はないという声が多かったです。
それに、海外留学にお金がかかるうえに、さらにお金をかけて英会話スクールに通うのは金銭的にも厳しいところ。

正直、英会話スクールに通うお金は、海外留学後に現地の友人たちと出かけるお金に使った方が有益だと思います。

 

一方、社会人になってから海外留学や海外転勤になった場合、ほぼ全員の方が「留学前(転勤前)に英会話スクールに行ったし、行って良かった。」と口を揃えます。

「英語を絶対にマスターしないと向こうで死ぬ、くらいの追い込まれ方だったので、事前に英会話スクールに通うことでけっこう英語力が伸びた。」

「海外に行く前に英文法のおさらいと英単語の強化をやっていたおかげで、なんとか現地でやっていくことができた。」

学生の場合には英語と文化を学びに留学するのに対して、社会人の留学は、英語でビジネスに関連することを学ぶという違いがあるのも大きいところです。
やはり、最初から英語でつまづいてしまうと、留学する意味が薄れてしまうという声がほとんどでした。

海外転勤の場合、会社からの受講料の補助もあって通っていたという人が多く、英語力に自信がない場合には必ず通った方が良いという方が全員でした。

 

どんな英会話スクールを選ぶべきか?

ポイントは、英語学習から逃げられない環境を作るかどうかです。

人による、と言っては当たり前ですが、ほとんどの人が留学前・海外転勤前とはいえ、英語学習から逃げてしまいます。

ある意味、しょうがないです。
家でも職場・学校でも日本語、テレビも日本語、電車に乗っても日本語。
正直、目の前の生活では、英語学習をしなくても問題ない環境にいますからね。

それでも、もうすぐやってくる留学・海外転勤に備えて英会話スクールに通うなら、パーソナルトレーナーが指導してくれるコーチング英会話スクールしかありません。

トレーナーは、生徒一人ひとりに合わせたオーダーメイドのカリキュラムを作り、自宅での学習もサポートしてくれます。

システムとしては、

毎日、学習した時間と内容をトレーナーにメールやLINEで報告

毎日、3時間の学習時間を確保するようにトレーナーと生活スタイルから見直し

週2回のレッスンで英語力が上がっているかチェック

というように、英語学習のモチベーションを保ち続けるような工夫をしてくれています。

英会話のレッスンだけでなく毎日の英語学習の状況をパーソナルトレーナーに報告して、目標から逆算した時のアドバイスをもらうことができます。
毎日の学習状況の報告や、現状に即したアドバイスなど、あらゆる手を使って英語学習を継続するように手を尽くしてくれます。

報告がないと「今日はきちんと勉強したんですか?」と督促が来るので、英語学習から逃げることができません。

また、NOVAやGABAなどの一般的な英会話スクールとの違い、受講期間が決まっているのも大きなポイント。
多くのコーチング英会話スクールは、2~3ヶ月という受講期間のところが多いです。
期間を決めて、目標を決めて、そこまで全力で走り切るイメージです。

NOVAやGABAのように受講期間を決めないスクールではなく、しっかりと期限を決めて勉強をすることで、学習の習慣がつきます。

コーチング英会話スクールは、逃げられない環境を作って、英語の自習を続けさせてくれます。

 

コーチング英会話スクールならどこを選ぶべきか?

ここからは、留学前・海外転勤前に通うならどのコーチング英会話スクールがよいのか?という点をお伝えしています。

留学前・海外転勤前に通うなら、専属トレーナーが日本語ネイティブのコーチング英会話スクールがオススメです。

コーチング英会話教室では、カリキュラム作成・学習の進捗管理英会話トレーニングの2つがサービスの柱です。
そして、そのカリキュラム作成・学習の進捗管理と英会話トレーニングを同じ先生が担当するかどうかは、スクールによって異なります。

それぞれのメリットとデメリットをまとめました。

制度 メリット デメリット
専属トレーナーが日本語ネイティブ
(カリキュラム作成もトレーニングも学習の進捗管理も担当)
・1人の先生がきちんと学習の進捗を把握してくれる
・先生と相性が合えば、モチベーションが維持しやすい
・先生と相性が悪ければ、モチベーションが継続せず、英語力が向上しない
・ネイティブ講師からトレーニングを受けたくても受けられない。
・スケジュールに柔軟性がない。
カリキュラム作成と学習の進捗管理はコンサルタント、トレーニングはネイティブ講師が担当 ・ネイティブ講師からトレーニングを受けられる
・複数の講師がトレーニングを担当するため、スケジュールが柔軟に組める
・学習の進捗管理は、どうしても弱い

どちらの制度もメリットとデメリットがありますが、留学前・海外転勤前に通うなら、専属トレーナーが日本語ネイティブの方がよいです。

なぜなら、英語のネイティブとは留学後・海外赴任後に山ほど話せるから。

また、日本語ネイティブのトレーナーだと、英語の間違いを日本語で指摘してくれる、英語の全体像を意識したうえで教えてくれる、というメリットがあります。
外国人の英語ネイティブ講師の多くは、英語が間違っていることは指摘してくれても、「なぜ間違っていて、このように考えればよりナチュラルな英語になる。」ということを教えてくれることはありません。
生まれた時から英語を話しているネイティブ講師にとって、英語の間違いは指摘できても、なぜそれが間違っているのかまで考えることはなかなか難しいのです。

留学前に基本的な文法と英単語を日本語ネイティブの講師から教わることは、留学・海外転勤前の準備としてとても効果的です。

 

コーチング英会話教室のうち、専属トレーナーが日本語ネイティブのコーチング英会話教室をピックアップしました。

下の表のうち、「トレーナー」の列が日本人となっている3つのスクールが、専属トレーナーが日本語ネイティブのコーチング英会話教室です。

スクール名 標準期間 金額 トレーナー レッスン方式 向いている人
1 RIZAP ENGLISH
(ライザップイングリッシュ)
2ヶ月 ・入会金5万
・受講料32.8万
日本人 通学 ・1人の先生と二人三脚で英語力を上げたい人
・英会話能力を総合的に上げ
2 24/7 English
(トゥエンティ―フォーセブン イングリッシュ)
3ヶ月 ・入会金2.4万
・47.4万
日本人 通学 ・1人の先生と二人三脚で英語力を上げたい人
・英会話能力を総合的に上げつつ、TOEICスコアも上げたい人
3 ENGLISH COMPANY
(イングリッシュカンパニー)
3ヶ月 ・入会金5万
・受講料49.5万
日本人 通学 ・1人の先生と二人三脚で英語力を上げたい人
・英会話能力を総合的に上げつつ、TOEICスコアも上げたい人
4 TORAIZ
(トライズ)
1年 ・入会金5万
・コンサル費18.5万
・受講料11.8万(月額)
ネイティブ 通学 ・1年で絶対に英語をマスターする、という断固たる決意がある人
・1年で150万円というまとまった資金が準備できる人
5 スパルタ英会話 3ヶ月 ・入会金5万
・受講料45万
ネイティブ 通学+オンライン ・新宿、銀座、自由が丘の校舎に通いやすい人
(上記の3駅に通いやすいなら超おすすめ)
・通い放題のグループレッスンを使いまくれる人
6 レアジョブ本気塾 2ヶ月 ・入会金5万
・受講料35万
ネイティブ オンライン ・オンラインレッスン受け放題なので、たくさんアウトプットをしながら英語力を上げたい人
・オンラインレッスンをする時間が作れて、環境が整っている人
7 PROGRIT
(プログリット)
2ヶ月 ・入会金5万
・32.8万

(レッスンなし)

(レッスンなし)
・効果的な英語の学習習慣を身に着けたい人
※レッスンはなく、英語学習のコーチングサービスに特化。
8 VERITAS
(ベリタス)
3ヶ月 ・受講料65万 ネイティブ 通学 ・ビジネス英語を身に着けたい人
・他の生徒から刺激を受けながら英語力を上げたい人
9 ALUGO
(アルゴ)
2ヶ月 ・入学金5万
・受講料33万
オンライン ・宿題・復習などのタスク管理やレッスンをスマホのアプリで行う
10 PRESENCE
(プレゼンス)
3ヶ月 ・受講料15万
・教材費1万
通学 ・とにかくTOEICスコアを上げたい人

 

専属トレーナーが日本語ネイティブとなっているコーチング英会話教室の各スクールの特徴をまとめました。

RIZAP ENGLISH(ライザップ イングリッシュ)

コーチング英会話塾の革命児、RIZAP ENGLISH(ライザップイングリッシュ)です。
プライベートジムを展開するライザップが英会話スクールに進出したということで超話題になりました。

RIZAP ENGLISHの最大の特徴は、専属トレーナーが日本語ネイティブで、週2回のマンツーマンレッスンもカウンセリングも、最初から最後まで一人のトレーナーが担当するということです。

他のコーチング英会話教室に比べて、RIZAP ENGLISHは管理が厳しめです。
同じ専属トレーナーと週2回会ってレッスン・カウンセリングをするだけでなく、毎日、メールやLINEで学習時間と内容を報告してアドバイスをもらうことになります。
また、「シュクダイ」として1日3時間もの課題が出されるので、2ヶ月間はかなりの時間を英語学習に充てることが求められます。

トレーナーと二人三脚で英語力を上げたい人なら、RIZAP ENGLISHが真っ先に候補になります。

特徴 専属トレーナーと二人三脚で英語力を上げる。管理が厳しめ。
校舎 赤坂見附、銀座、渋谷、池袋、新橋、新宿御苑、新宿、日本橋、秋葉原
標準的な通学期間 2ヶ月
受講料の目安 ・入会金5万
・受講料32.8万
プログラム内容 ・1回50分、週2回のレッスン
・毎日のオンラインサポート
返金保証 全額返金保証あり(初回トレーニング日より30日以内に申請が必要)
向いている人 ・1人の先生と二人三脚で英語力を上げたい人
・毎日、先生に学習時間・内容の報告をすることで学習の習慣作りをしたい人。

>>RIZAP ENGLISHの公式ページ

24/7 English(トゥエンティフォーセブン イングリッシュ)

パーソナルトレーニングジム「24/7 Workout」の株式会社トゥエンティーフォーセブンが運営するのが24/7 English(トゥエンティフォーセブン イングリッシュ)です。

ハッキリ言って、24/7 Englishは、同じパーソナルトレーニングジムからの参入組であるRIZAP ENGLISHを強烈に意識しています。
専属トレーナーが日本語ネイティブである点、週2回のマンツーマンレッスンもカウンセリングも、最初から最後まで一人のトレーナーが担当するという点もRIZAP ENGLISHと同じです。

RIZAP ENGLISHと異なるのは、推奨している通学期間が3ヶ月と、RIZAP ENGLISHの2ヶ月に比べて長いことです。
また、1回あたりのレッスン時間も90分と、RIZAP ENGLISHの50分に比べて長いです。

一方、学習の管理の厳しさはRIZAP ENGLISHの方が上です。
毎日の学習時間と学習内容の報告もありません。

「専属トレーナーと二人三脚で英語力を上げる方式で取り組みたいけれど、毎日の学習管理よりも長いレッスンに取り組むことで英語力を上げたい!」と思う方は、24/7 Englishがオススメです。

特徴 専属トレーナーと二人三脚で英語力を上げる。1回のレッスンが90分と長め。
校舎 銀座・新橋、新宿、渋谷、恵比寿、池袋、上野、秋葉原・神田、横浜、大宮、梅田
標準的な通学期間 3ヶ月
受講料の目安 ・入会金2.4万
・47.4万
プログラム内容 ・1回90分、週2回のレッスン
・オリジナルカリキュラムの作成
返金保証 全額返金保証あり(初回トレーニング日より30日以内に申請が必要)
向いている人

>>24/7 Englishの公式ページ

ENGLISH COMPANY

コーチング英会話教室の草分けともいえるスクールが、ENGLISH COMPANY(イングリッシュカンパニー)です。
京都にある大学受験予備校「恵学社」が立ち上げているということもあり、学習法へのこだわりが半端じゃありません。

日本人が英語を習得する際のプロセスやメカニズムに関する研究結果をもとにした第2言語習得理論を活用して、主に3か月のコースで総合的な英語力の向上学習の習慣化を目指します。

英語を話せる日本人の専属のトレーナーがつき、カリキュラムの作成からレッスンまで二人三脚で取り組みます。
受講期間中に、先生が変わることはありません。(相性が悪いと思ったら途中で変更することもできます)

独自の英会話テストでレベル判定するスクールが多いですが、ENGLISH COMPANYは、英会話能力の向上の目安としてTOEICスコアを用いているのも特徴的です。
英会話能力を総合的に上げつつ、TOEICスコアも上げたい人におすすめのスクールです。

特徴 ・日常英会話、ビジネス英会話、TOEIC対策など、様々な目的に合ったレッスンを生徒に合わせて作ってくれる。
・都会に住んでいるオシャレで意識の高い人が多い。
・校舎がとてもスタイリッシュ!
校舎 恵比寿、神田、品川、新宿、有楽町、有楽町第2、四谷、池袋、六本木、横浜、梅田、四条烏丸、神戸
標準的な通学期間 3ヶ月
受講料の目安 ・入会金5万
・受講料49.5万
プログラム内容 ※上記の学習期間と受講料の場合
・レッスン48回(45分) ※週に4回ペース
・毎日のオンラインサポート
返金保証 入会後30日以内なら受講料を全額返金
(入会金の5万は除く)
向いている人 ・1人の先生と3か月間、英語学習にのめり込める人
・英会話能力を総合的に上げつつ、TOEICスコアも上げたい人

>>ENGLISH COMPANYの公式ページ

 

まとめ

いかがでしょうか?
最後にこの記事のまとめです。

まず、そもそも、「留学前・海外転勤前に英会話スクールに通うべきなのか?」というのがこちら。

留学・海外転勤前に英会話スクールに通うべきか?

学生の海外留学なら、英会話スクールは行かなくても大丈夫。

社会人の海外留学なら、英会話スクールに絶対に行くべき。

海外転勤前なら、英会話スクールに絶対に行くべき。

そして、社会人が留学・海外転勤前に英会話スクールに通うなら、日本語ネイティブが英語を教えてくれるコーチング英会話教室がオススメです。

現在、日本語ネイティブが英語を教えてくれるコーチング英会話教室は次の3つのスクールです。

RIZAP ENGLISH(ライザップイングリッシュ)

24/7 English(トゥエンティ―フォーセブン イングリッシュ)

ENGLISH COMPANY(イングリッシュカンパニー)

それぞれ、スクールの雰囲気が違うので、3つのスクールの無料体験に参加してみて、いちばん自分に合うスクールを選びましょう。

留学前・海外転勤前の2ヶ月~3ヶ月の英語学習が、海外に行った後のスタートダッシュに必ず役立ちますよ。

-コラム

Copyright© 英語ペラペラへの道しるべ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.